過払い金返還請求とは

お早めにご相談ください!

過払い金返還請求には時効があります!

過払い金請求とは、利息制限法という法律により定められた利子(利息)よりもはるかに 高い利率を払い続けたため『支払い過ぎたお金』を返してもらう手続きです。

下記の場合には『過払い金』が発生している可能性が高くなります。

過払いが発生している可能性が高い方

  • 借金をすべて返済し終わった方
  • 借入期間が8年以上の方
  • 利息が下記の利率以上の方
    • 元金10万円未満:20%
    • 元金10万円~100万円未満:18%
    • 元金100万円以上:15%
  • 毎月継続して返済されている方

真面目にコツコツと請求された金額を返済していた場合、債務整理手続をすることで、借金の大幅な減額や過払い金を取り戻すことができる可能性が非常に高くなります。

任意整理・特定調停・個人再生・自己破産の債務整理手続を進めていく途中で、払い過ぎていたお金(過払金)が発生していることが発覚する場合があります。この場合は借金総額の減額に充てることができます。

メリット

  • 完済後の手続きの場合はブラックリストに登録されずに、払い過ぎたお金が手元に戻ってきます。
  • 債務総額を減らすことも出来ます。また過払い金額が大きければ、債務額が0円になるどころか、払い過ぎていた分が返ってきます。
  • 返済中・完済後のどちらかで手続きのタイミングを選ぶことができます。

デメリット

  • 債権者は簡単に過払いを返してくれないので、裁判所や弁護士、司法書士に依頼しないと過払い金返還が難しい事があります。
  • 過払い金返還請求をした企業からは、新規のお借入が難しいことがあります。
  • 借金が残っている時点での過払い金返還請求は信用情報機関の事故情報(いわゆるブラックリスト)に載り、約5年~7年は新たな借り入れやローンを組むこと、カードを作ることができなくなる場合があります。

→過払い金が発生する仕組みの詳しい解説はこちら

banner-tel