自己破産の流れ・費用

弁護士に依頼

債権者からの取立てが止まる

弁護士と打ち合わせ

弁護士が借金額を調査し、よりよいお手続きがあればご提案します。一緒に今後の方針を決めていきましょう。

弁護士が債権者・裁判所と手続きの進行(同時廃止事件の場合は6.へ)

資産を金銭に変え、債権者へ分配

免責決定(手続きの終了)

費用

東京笠井法律総合事務所ではお客様からご依頼いただく段階で 申し立て費用・印紙代を『事務手数料』に含め一律料金でのご案内をさせていただいております。

  • 個人の場合 350,000円【税別】
  • 法人の場合 500,000円【税別】
  • ※破産管財人が選任された場合、別途 少額管財の場合20万円以上、それ以外は50万円。
  • 各件 別途 予納金、交通費・日当・実費必要

banner-tel