債務整理の流れ

無料相談後『依頼する』とお伝えいただいた後に、東京笠井法律総合事務所が行う多重債務・借金問題を解決するための手続きの流れをご説明します。

1.弁護士 笠井 利哉 が債権者(消費者金融・信販会社など)へ「受任通知」を送付します。

この時点で借金の取り立ては止まります。
金融庁のガイドラインにより、債権者へ受任通知が到着した後は、お客様への直接連絡が禁じられているからです。

「受任通知」とは、『お客様に関する借金問題については代理人である弁護士を通して話してくだいね』と債権者(消費者金融・信販会社など)へ知らせる通知です。

2.受任通知の発送と同時に、各債権者(消費者金融・信販会社など)に取引履歴の開示を請求します。

お客さまと各債権者(消費者金融・信販会社など)のこれまでの取引の履歴を各債権者(消費者金融・信販会社など)から取り寄せます。
これにより、借入や返済をした正確な日付と金額が判明します。 お客様が当事務所へ依頼いただく時点で、正確な借金の状態が不明でも大丈夫です。

取引履歴の開示を拒否する債権者(消費者金融・信販会社など)に対しては訴訟も行います。 もちろん、ご本人様の同意が必要です。そのような場合は必ず事前にご相談いたします。

取引履歴到着までの期間は各債権者(消費者金融・信販会社など)によって違いますが、通常1週間~2か月程度で事務所へ到着します。

3.取引履歴到着後、法定金利に引き直し、再計算をおこないます。(全社到着後随時処理)

取引履歴を基にして「利息制限法」の法定金利を適用し、どの程度借金が減るのか、取引履歴に間違いはないかを当事務所が調査していきます。多重債務・借金問題に関する多くの判例と照らし合わせ、時効・途中完済・借り換えの有無や途中開示の可能性も併せて調査いたします。

4.「家計の状況」と「再計算後の借金額」を基に最適な債務整理方法を判断

再計算終了時点で、
長年借金の請求が来ていないことが証明できる方は→消滅時効へ
過払いが発生した方は→過払い金返還請求へ
住宅を残しつつ借金を大幅に減らしたい方は→個人再生へ
失業などにより月々の返済が困難な方は→自己破産へ
上記内容に当てはまらないお客様は→任意整理へ

5.弁護士が債権者・裁判所とのやりとりを全て代理します。

金融機関、裁判所などとのやりとりは全て弁護士が代行します!

各お手続き終了後、お客様へ「和解書」等を送付し手続き完了となります。

banner-tel