個人再生とは

裁判所に原則3年で返済していく計画を提出し、借金を大幅に減額してもらう手続きです。通常、減額割合は任意整理・特定調停より大きくなります。

以下の条件を満たすと手続きを行うことができます。

  • 今後、継続的に収入を得る見込みがある
  • 借金の額が5,000万円以下(住宅ローンや担保のついた借金はこの範囲に含まれません)

メリット

  • 元本を大幅に減額できます。
  • 住宅(持ち家)を手放さずに手続きできます。
  • 借金の理由が問われないため、「ギャンブル」や「浪費」であっても、問題なく手続きを進めることができます(影響しない)。
  • 扶養家族が多い場合に減額割合が大きくなります。

デメリット

  • ブラックリストに載り、約5~7年は、原則として新たな借り入れやローンを組んだり、カードを作ることができなくなります。
  • 官報に掲載されます(ただし官報を見る人はかなり少ないので、これが原因で他人に破産したことを知られる可能性は非常に低いです)。
  • 個人再生を利用できる条件に一定の制限(今後反復・継続して収入があること、住宅ローンを除いた借金の総額が5000万円以下であること(小規模個人再生の場合))があります。

→借金が減る仕組みの詳しい解説はこちら

banner-tel