事故情報に登録されると

ブラックリストと呼ばれるものは、実際には存在しませんが、信用情報機関の事故情報(これをブラックリストと呼んでいることが多いです。)には借金返済が最初の予定通りにいかなかった人の情報が管理されています。

信用情報機関へ登録されると、どのようなことが起こるのでしょうか?

まず、一般的に事故情報は5年~7年は消えないと言われています。そしてその情報は信用機関で管理されているため、 記載されている限り新しくカードを発行することもできなくなってしまいます。 また、当然ですがローンも組めません。急な出費や大きな買い物ができなくなってしまうということですね。

【ブラックリストに登録される期間の目安】

  • 支払予定日より3ヶ月間遅延した場合⇒約5年間
  • 自己破産をした場合⇒約7年~10年間
  • 個人再生をした場合⇒約5年間
  • 任意整理をした場合⇒約5年間
  • 特定調停をした場合⇒約5年間

※あくまで目安です。状況によって異なることがあります。

banner-tel